古本屋ガイド > 値段がつかないもの

値段がつかないもの

中古本の買い取りサイトで、買い取りの申し込みをすると、買い取りしてくれる本と、買い取りしてくれない本があります。こっちの本が買い取りしてもらえるのに、どうしてあっちの本は買い取りしてくれなかったのか、不思議に思います。 

買い取りをするか、しないかというのは、基準があります。買い取りをする方は、その基準に照らし合わせて買い取りできる本なのか、そうでないかの判断をします。買い取りできないと判断された本は、無料で引き取ってくれます。買い取ってくれないなら、自分のところに戻してほしいという人には、返送に応じます。ただ、その場合、配送料を、買い取りを希望した人が負担しないといけません。 

中古本の買い取りサイトをはじめ、あらゆる古本屋では、汚い本、汚れのある本は買い取ってくれません。キレイな本でないと、値段がつかないのです。だから、売ろうと思う本がキレイか、キレイでないかという視点で、まず眺めてみるべきでしょう。キレイでない本というのは、水濡れがあったり、日焼けやシミがあるもの、本が破れていたり、切り抜かれているもの、変な向きに置いて、よれてしまったものも入ります。これらの本を売ろうと思っても、まず値段が付きません。

また、買い取りできないジャンルがあります。百科事典や週刊誌、コミックの雑誌は買い取りしてくれないことが多いのです。これらのジャンルの本は、どんなにキレイでも、どんなにレアでも買い取りはしてくれないと思っておくべきです。



Copyright © 2010 古本屋さんの中古本買い取りサイトをフル活用!. All rights reserved